固定資産の取得原価に含めない費用の特別損失処理

(Question)

新工場の建設、新設に伴う機械の移設等にかかる不動産取得税や、旧工場からの機械の移転費用などは全額損金算入可能でしょうか。会計処理によっては納税額に影響しますでしょうか。

(Answer)

不動産取得税、登記等の費用は固定資産の取得原価に参入しなくても良いこととされています。

国税庁No.5400

また、機械の移設費用等が帳簿価格の10%以下であれば損金算入できるとされています。

基本通達7-3-12

上記に基づき、費用処理した場合においても、当期製品製造原価とするか、特別損失するかにより、期末製品棚卸高の金額に影響を与えます。つまり、期末製品在庫がある場合、当期製品製造原価とすると上記金額全額が損金とならない事となります。

よって、特別損失とした方が、税務上は有利となります。

この点、多額の機械移転費用は、臨時的・異常な支出であり、通常原価に含めるべきではないと考えられます。

したがって、当該支出は全額が損金算入できるものとして取り扱います。

※上記の意見にわたる部分は当事務所の見解であり、個別の会計・税務処理に対して何ら保証するものではないことをお断り申し上げます。

相談・問合せはこちら

問合せ・相談は、電話またはフォームにて受け付けております。

初回相談の流れ

受付時間:10:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

電話での問合せはこちら

03-5155-2451

インフォメーション

問合せ・相談
03-5155-2451

問合せは電話・メールにて受け付けています。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒160-0022
東京都新宿区新宿6丁目28-8 ラ・ベルティ新宿10F

東新宿駅/A3出口より徒歩3分
新宿三丁目駅/E1出口より徒歩